褐色脂肪細胞はご存知ですか?
こんにちは

加圧スタッフの上野です



いきなりですが、脂肪細胞のお話をさせていただきます


脂肪細胞には、

「白色脂肪細胞」

「褐色脂肪細胞」

があります。


白色脂肪細胞が

エネルギーの貯蔵庫的役割の細胞で、

褐色脂肪細胞が

エネルギーを使うことで

体脂肪を減らす働き
をします。



少し前に「肩甲骨ダイエット」

流行ったのを覚えている方もいらっしゃるかと思います

当時は肩甲骨周りに、先ほど記述した「褐色脂肪細胞」が多くあり、

肩甲骨を動かすと褐色脂肪細胞が動いて

脂肪が燃えやすくなるという考え方でしたが、

近年の研究結果では、肩甲骨周りに褐色脂肪細胞があるのは、

「新生児の頃だけ」

成人になると

「首、鎖骨上、胸部脊柱周囲、腎臓周囲」

に存在します。

なので、動かすと体脂肪が減りやすい褐色脂肪細胞狙いで

肩甲骨を動かすのは間違っているという事です




しかし、肩甲骨を動かす事には、

肩回りの可動域を広げたり、姿勢改善など

体に良い効果もあるので気を付けて動かしている方は

引き続き継続してください

61c43515ef4f31107f69b39ebdd28f7e_s.jpg


トレーニング仲間に話すと、

良い話題にもなるので是非話しみてください

少し難しい、上野の勉強ブログでした~(笑)



加圧スタジオFUSION梅田店の料金等をHPからチェックしたい方はこちら

http://fusion-umeda.com/


Facebookページからブログ、インスタグラムの更新を
チェックしたい方はこちら


https://www.facebook.com/JiaYasutajioFusionfuyujonMeiTianDian/


インスタグラムに直接アクセスしたい方はこちら

https://www.instagram.com/fusionumeda/
スポンサーサイト